このブログについて

このブログは「写真家 安西祐輔 ブログ」に公開した日記のなかから舌癌について書いたもののみを抜粋し、「舌癌日記」として再構築したものです。

これまでに私は舌癌のステージ2(舌部分切除術)、それが再発してのステージ1(舌部分切除術)、そして首のリンパへ転移してのステージ3(頸部リンパ節郭清術)を経験しています。また、おそらくは舌癌の手術の影響によるものと思いますが、舌の縁に粘液嚢胞もできるようになりました。このブログではそのあたりのことについて触れています。

私が舌癌を発症したばかりの頃、その情報を求めてネット上を検索しました。どのような手術がスタンダードなのか、術後はどのような状態になるのか、入院の際は何を持参すればよいのか、これから自分はどうなるのか、など。知りたい情報はいくつもあったものの、そのほとんどを見つけるには至りませんでした。医師に向けたであろう難解な情報は見つかるものの、個人に向けたものはなかなか見つからないのです。

発症から4年が経過し3度の手術を経験したいま、その経験を記録として残すことで、あのときの私のように舌癌に関する情報を求める方を多少なりともバックアップすることができればと思い、このブログにまとめました。同じ病に向き合う方の一助となれば。

2020年8月12日
安西 祐輔