入院4日目

現状、僕の舌は太めの明太子のようなもの。腫れているので普通の舌よりも厚みがある。その明太子の片側が、黒い糸を使って端から端まで縫われている。そんなものが口の中に入っているところを想像していただければさほど遠くは無いと思う。そんなものが口の中に入ってるんで、話しづらくてな。もう歯を磨いても良いと言われているので歯磨き粉を付けずに軽めに磨いているけれど、うがいした水に茶色っぽい色が少し付いているので、まだ微妙に血が出ているのか、それとも単に口内が汚れているのか。今朝の検診では異常は無しとのこと。
看護師さん曰く、明日から食事が出るようになるらしい。食事とは言っても流動食のようなものとのこと。なんとなく前回入院時の記憶が蘇る。で、こちらからは何も言っていないのに、シャワーを浴びても良いかを先生に聞きに行ってくれた。結果、オッケーとのことだったので、点滴のチューブを途中から外し、腕に付いたままのチューブと腕を専用のカバーで覆い、シャワーを浴びた。入院時に提出した書類に「前回の入院時に、水を飲んでいいタイミングとシャワーを浴びてもいいタイミングを教えていただけず、こちらから聞くまで教えてもらえなかった。結果、どちらもとっくに解禁されているはずのものだった。」のようなことを書いたから、看護師さんたちも気を付けてくれていたんだと思う。っつーか、今回の看護師さんたちはとても親切で丁寧。加えるならば全員かわいい。看護師さんだけで無く女性の先生もみんなかわいく見えるんだけど、おそらくは笑顔のせいなのかなと。笑顔ってやっぱりいいものだよね。
夕方頃に先生が病室に来て「いつ退院したいとかありますか?」と仰ったので「27(木)」と答えたら微妙な顔をされた。すべては食事がきちんととれるか否かにかかっている。