ゴジラと入院

巷も友人たちもおおむね高評価をしていた『シン・ゴジラ』を見てきた。耳にしていた通り確かにリアルな映画だったと思うが、思っていたほど面白くは感じなかった。前評判が良かったので期待値が上がっていたのかもしれない。一部オマージュも含まれているのだろうと感じたが、それを差し引いても「うーん…」と思えた。エンドロールと共に流れていた音楽が一番良かったかな。オリンピックのエンブレムも前回の東京オリンピックの際のものが評価されているが、先人たちの偉大さを改めて知ったように思う。過去を超えることがどれほど大変なことなのか。映像はとても素晴らしかった。これはホントに素晴らしい。

そして入院日が決まった。明日から10日前後入院をする予定。パソコンは持って行くもののこの日記を更新できるのかはわからない。ドリカム風に言うならば「できたらいいね」ということで。