食事など

いろいろな方から「体調はどうですか?」と聞かれるので書いておくと、舌以外はまずまず調子が良い。「まずまず」というのはどれほどのものかと言うと、退院してから体力が落ちているので疲れやすいけれど、フツーに電車に乗って通勤してますよ、という程度。たまに優先席に座りたくなるけれど。
舌は相変わらず動かすと痛いので、食べることが大変。少し詳しく言うと、口内の手術した側に食べ物が入ると(舌がうまく動かずに)食べにくいので、食べ物は必ず小さくしたうえで手術していない側に入れる。1辺がだいたい2~3cmほどだろうか。入れたら噛むわけだが、噛んでいるうちに食べ物が口内に広がってしまうので、そうならないように少し顔を傾けた状態で噛む必要がある。食べ物が手術した側に行ってしまうと痛みが生じる。具体的にどこが痛いのかはわからないが、感覚で言うと、手術した側の舌の下に食べ物が潜り込んでしまうと手術した箇所が圧迫されて痛みが出るのではなかろうかと。ここまで書いて思ったが、これだと手術していない側に食べ物を入れれば痛く無いように思えるかもしれないが、そうでは無い。手術した側に食べ物をいれない方が痛みが軽いだけであって、舌が動けば必ず痛い。つまり食べたり飲んだりすれば痛みは出る。噛んでいると耳や頭も痛くなってくる。ネットで調べる限りは喉あたりから繋がっているほにゃらら神経のせいらしいが良く分からない。痛み止めは処方されているけれど、薬はあまり飲みたく無いので使っていない。
固いものはまだ食べることはできない。肉やサラダは難しそう。ハンバーグ等、加工されたものであれば大丈夫な気がする。とにかく柔らかめなものならいけると思う。食べる量は女子の半分くらいだろうか。燃費がいい。カブくらい燃費がいい。どこかでお茶をする程度なら全く問題無し。
喋ることについてはまずまず大丈夫だが、発音によっては痛みが出ることもある。というか、喋っていると少し疲れる。なぜかは分からんが、どこか無理しているところがあるということだろう。

入院生活で4.7~8kgほど体重が落ちた。もともと少し太り気味だったので、そのぶん健康そうになった。顔が少しだけシャープになり、腹回りが凹んだ。食事がこんな調子なのでしばらくはこの体系をキープすることになるのだろう。アー写を撮ってもらうなら今しか無いな。今服を買うのは危険な気がするけれど。