痩せる

舌癌の手術を終え、退院してから25日。久しぶりに体重を計ったら、入院前と比べて6kg痩せていた。退院時は入院前から4.7~8kg痩せていたので、あれからさらに1kg以上痩せたことになる。退院したら太るものだと思っていたので意外だった。以前よりも食事量が減っているということと、食べるものを選んでいることによるものと思う。

手術前のように舌を自由に動かすことができないので、大きなものや細かすぎるものは食べづらい。例えるならば、米では無くお粥が多くなり、肉では無くハンバーグを食べるということ。もちろんお粥とハンバーグだけを食べているのでは無く、魚も食べるし野菜も食べる。朝食と夕食は家で食べるのでまだ良いが、昼食はコンビニやスーパーで何らかを買って来なければならない。外食するという手もあるが、外食だと今の自分にとっては量が多いのと、舌の下に細かいものが入りこんでしまうと痛いので、水でうがいをしながら食べ進める必要がある。よって外食は「マナー的にちょっと…」ということ。で、スーパーやコンビニで何を買ってくるのかというと、ニンジンをバルサミコ酢であえたようなものや、オクラのお浸し、そして果物が多い。最近でこそ小さなお弁当が食べられるようになったが、それもバランスが良さそうで、かつ、食べやすそうなものを買うようにしている。トンカツや中華料理などは好きだけれど、今はあまり食べたいとは思わない。意欲が湧かない。手術で切除した側の舌からおそらく何らかが分泌されているのだと思うが、手術した側の口内に常に苦みのようなものを感じている。そしてその周囲は感覚も鈍いので、美味しさがあまり分からない。食べ物が口の中に入っているというよりは、何らかの物体が入っているだけのように感じたりもする。手術していない側の口であればまぁ味は分かるけれど、それでも通常時の1/4程度だと思う。それにより、美味しいものを食べようという意欲に欠けるのだと思う。

以前、炭水化物を抜くというダイエットをしたことがある。数週間で3kgほど痩せただろうか。「あー、確かに痩せるんだな」と思った。でもそれは食べたいものを我慢していたということなので、ダイエットをやめたらリバウンドした。今回は痩せたくて痩せたわけでは無いけれど、今回の経験により、痩せるには食べる量を減らすことと、食べるものを意識して選別することなんだろうなと思えた。結果的なものだけれど、ゆっくり食べていること、食べる量が減っていること、脂っぽいものと甘いものをほとんど口にしていないことが、6kgの減量に結び付いているものと思う。ちなみに炭水化物はフツーに摂っている。と言うか主食にしている。個人差はあるだろうけれど自分の場合はそんなところだろう。
そろそろ筋トレの数を増やして筋肉を付けることで体重を増やせればなと。