通院

退院をしてから2か月ちょい。今日はこれから久しぶりの診察。ご存知無い方のために書いておくと、今年の8/24に舌癌の手術を受けたので、向こう何年間かにわたって経過観察が行われるということ。定期的に通院しないとならないの。
2週間ほど前の日記に「肉腫だか何だかがあって、舌はまだ自由に動かせない」的なことを書いたと思うが、先月末あたりだっただろうか、その肉腫とやらが突然無くなった。というか、患部にあった切れ目が前触れも無くくっついた。くっついたので舌がひとつになって舌らしい形になってきた。これ、文章で書いても分かりづらいだろうと思うけれど、平たく言うと「治ってきた」ということ。あんなにおかしな状態だったものがマトモな状態に戻りつつあるというのは、やっぱり人間って凄いんだなぁと。身体って凄いな。元に戻っちゃうんだから。
で、生活面ではどんな感じかというと、舌の形が戻ってきたとはいえ喋りづらさは残っている。右に向かってカーブしているし、食べづらさもそのまま。口内に広がる苦味も残っているので、美味しいものを食べてもいまいちそれが分かりづらい。周りからは「フツーに喋れてるよ」と言われるけれど、本人としてはまだまだ。今でも喋るのが面倒になることもある。喋りづらいからね。
ってことで、今日の診察はどんなもんだろ。首のリンパにしこり(つまり転移)も無いようだし「順調なので次回の診察は3か月後でいいですね。」なんてことを言われるような気がする。それでいいと思う。賛成。