入院29日目

平日毎日9:30あたりから処置室での処置がある。その日が出勤日であればその場で担当医に会えるのね。で、昨日は僕の担当医がいたもんだから、処置の後に「先生、ちょっとお伺いしたいことがありまして。まとめておいたんですけど…」と伝えると、「次回の外来の時にしましょう。早めに予約を取るようにしておきますから。」と言われた。断られたことに少しショックを受けたんだけど、先生の意図としては、今は頭がいっぱいだろうから、一旦家に帰って家族と会って落ち着いてからまたお話をしましょうねということみたい。まあな。分からんでもない。でもなんつーか、僕は話を聞いてもらいたいたかったんだけどな。
で、夕方になってから部屋に先生がやってきた。これも出勤日であればいつも来てくれるのよ。「来週の火曜日の13時に予約を取っておいたので(お話はその時に)いかがですか?」と言われたんだけど、その日は11時から地元の病院でのインフルエンザの予防接種の予約をしてあるので、時間を少しずらしてもらった。「少しだけなら今お話聞きますよ。」とのことだったけど聞きたいことは山ほどあったし唐突だったんで、ちょうどその時検索をしていたQOLを大切にしたお医者さんについて「この方ご存知ですか?」と聞いたら「知らない」と言われた。多分否定するだろうなと思いつつ丸山ワクチンについて聞いてみたら、意外にも過去には何度か使ったことがあると。ただそこで良いデータが得られたかといえばそんなことも無かったと言っていた。この二つを聞いて終了。あとは火曜日だってよ。

いろいろな方からいろいろな情報をいただき、そして自分でもいろいろと調べてみて現時点で思うのは、やはり所謂「標準治療」に勝るものは無いのかもしれないなということ。他にもいろいろあるのよ。いろいろあるんだけど、理由は知らないけどそれらの治療も結局は「標準治療と並行してやってね」とかそんな感じで書かれてるの。知らないよ、理由は知らないよ、でもやっぱり標準治療ってものがドカンと中心にあって、そこを外してことを進めようとすると「ヤベぇ人」みたいな扱いになる。「だから言ったのに」みたいな。それは分かるんだけど、やっぱり悩ましいんだよね。何を軸に考えるのか。1日でも長いこと生きたいと思うのか、生活の質を落としたくないと考えるのか、そこってそれぞれだしさ、そのどちらかを選んだとしても、ではどんな治療(代替医療)を選べば良いのかというと、それもまたいろいろあるわけで。どちらにしてもどこかしらでセカンドオピニオンをお願いしたいなとは思ってるし、癌に関する民間の団体っていくつかあるからそこにも相談するつもりだし、まぁ、やれることはやるつもり。あとはお金がわんさか落ちてくればいいなとも思うけど、まぁそれは積み立ての金額を減らしてもらうとかの手続きをすればいいだけだろうからなんとかなりそうかなとも思う。保険適用外のものもたくさんあるからこれからお金はかかることになると思うのよね。障害年金は申請するつもり。

で、今週の土曜日に退院することになった。これも先生が夕方来た時に「退院はいつですか?」と聞いたら「いつでもいいですよ。」と言われたので最短での退院をお願いした次第。あと数時間早く言ってくれれば金曜日に退院できたのに。これもこの先生の通常運転。

入院24日目

昨晩は思っていたよりは眠ることができた。毎日少なくとも1時間に1回は起きてるんだけど、昨日は2〜3時間くらい連続で眠れた時間帯もあった。今回の入院では個室では無く相部屋を利用しているということもあり、なかなかリラックスすることはできない。それを見越して耳栓も持ってきてはいるものの、何だろうね、耳栓を入れる角度なのかそれとも気圧の関係なのか、長時間つけていると少し痛くなってくる。なのでつけていても夜中に取っちゃうこともしばしば。で、ベッドが合わないということも相まって、また眠れなくなるというね、そんな毎日。というか、違う違う、こんなことを言いたかったんじゃなくて、昨晩は思っていたよりも眠ることができたし、起床時間の6時に起きて食堂に行ったら今日も朝日が眩しくて、なんだかちょっと力をもらえたような気がしたよということが言いたかった。朝日に向かって唱える「トホカミエミタメ…」という真言があるの。太陽と一体化するというか朝日のエネルギーを口から吸収するみたいなものなんだけど、うまいこと朝日が見られた時にはそれを唱えてる。それを書くならこれも書くけど、まだ手術したてで身体が辛かった時、特にICUに入ってた時かな、いつも通りに身体に意識があると辛いので、瞑想の要領で意識を丹田まで降ろしてそこに集中し続けることで、呼吸を落ちつけることもできたし、身体の痛みやら辛さもゼロにすることができた。意識を肉体から外すってことなのかな。知らんけど。通常瞑想は身体を起こした状態で行うもので、ベッドに寝たままだと無理かな?と思ったんだけど、できるもんだね。「瞑想やっててよかったわ〜。」と思ったよ。瞑想さまさま。で、意識を肉体から外すと言えばさ、やっぱり夢の話をしないとならないね。夢の中だとさ、自由なんだよ、身体が。前にもちょろっと書いたけど、夢の中だと不自由なく喋ることができるし、当然身体も痛くないの。夢から覚めて初めて「不自由だったんだわ。」って思い出すというね。霊界大好きな人であればこの手の話は知っていると思うけど、夢を見ている間というか寝ている間って、その人の魂は肉体から離れてるんだよね。言い方を変えると、人間って寝ている間は幽体離脱をしているってことなんだな。だから今回の僕のように、本当は痛みもあるし言葉も話せないのに、夢の中ではそれができるという。夢から覚めた瞬間に全てが現実に戻るんだな。で、普通の人は寝ている間、つまりは幽体離脱している間の意識って自発的に持つことはできないんだよね。ただ一部の人間はそれをすることができて、それができるのが所謂霊能者なんだな。と僕は勝手に思っているの。睡眠と瞑想と脳波ってのは密接に関わり合ってるからさ、その辺り、突き詰めてみたいと思ってる。

というね、入院生活とは関係の無いことばかり書いたけど、最近はもう「話す訓練と食べる訓練をするために入院している」みたいなもんで治療も大してしていないので、まぁこれでもいいと思う。
ってことで今日は日曜日。診察も無いし面会も無いので暇でしか無い。コロナの影響で面会はできないんだけど、実は僕が入院棟の1階まで降りればそこで誰にでも会うことはできるんだなこれが。ま、コロナが怖いだろうけどね(笑)。

再発の予防として

昨日の日記に書いたように、ここ数日の舌の痛みは癌の再発によるものでは無いであろうと診断された。去年の7月に舌癌が首のリンパに転移をして頸部リンパ節郭清術の手術を受けてからというもの、なんだろうね、なんつーかいろんなところに痛みが出たり、「ちょっとおかしいんじゃね?」と思えることが出てくるようになった。気にしすぎだと思われるかもしれないけれど、実際に痛みはあるし、しこりはできてるし、気のせいってわけでは無いのだよ。

でね、今日は何が言いたいのかというと、こういうことが起きるたびにさ、これまでにしてきた「再発防止策」は意味が無かったのかな?って思えちゃうんだよねってこと。でも結果として再発はしていないわけだから、その再発防止策は「当たってる」って言えるんじゃなかろうかと。なんかアレだな、分かりづらいな。なので具体例を挙げるとね、去年の7月以降、毎日ゴーヤのサプリを飲むようにしているの。ゴーヤは癌にいいって言われてるから。だからそれを毎日飲み続けてるんだけど、飲み続けてるにも関わらず再発したとなると「なんだよこのやろう」ってことになるじゃない。痛みが出て「再発か?」って思うたびに「なんだよ、ゴーヤ効かなかったじゃねぇか!」って。でも結局は再発はしていないから、「さすがはゴーヤ。疑ってごめんなさい。好き。」って手のひらをかえしてるのさ。その繰り返し。なので現時点では僕のなかでは「ゴーヤはアリ」ってことになっている。これからも飲み続ける。
あとはアレだ、歯磨き粉。歯磨き粉さ、信頼しているトレーナーの先生から勧められたものがあって、それをずっと愛用してたの。口内環境を整えるってやつで、界面活性剤を使っていなくて乳酸菌が入ってるってやつ。だから磨いても磨いても泡立たないの。そのおかげでしっかりと歯を磨いちゃうんだよね。泡立つともうそれで綺麗になったような気になって短時間で歯磨き終わりにしちゃうのよ。それはその歯磨き粉を使うようになって初めて理解した。その歯磨き粉がさ、1カ月くらい前に切れちゃってさ、また注文すればよかったんだけど、棚のなかに「色が三色の歯磨き粉」が入ってるのを見つけちゃってさ、見つけちゃったもんだからそれを使ったら口のなかが痛くなったのよ。すげぇ刺激なのね、普通の歯磨き粉って。逆に言えば勧めていただいた歯磨き粉って優秀だったんだなと。三色のやつさ、痛みを感じた時点でやめればよかったんだけど、1回使って捨てちゃうのももったいないなと思ってこれまでずっと使い続けてるのよ。だからそれももう今後のことを考えるとやめた方がいいなと思ってね、その歯磨き粉含め、いろいろと検索してたのよ。そしたら癌患者のために開発されたっつーサンスターの歯磨き粉を発見してさ、これ良さそうじゃんかと。厳密には放射線治療やら抗がん剤を使っている方のために開発されたものらしいから僕のケースとは違うんだけど、それでもこれまでに使ってた歯磨き粉と似たようなコンセプトだったので、さっそく注文してみたわ。「バトラー マイルドペースト」ってやつね。

それ以外にも「癌にいい」って言われてるものはいくつかあって僕も試してるんだけど、それもさ、相性があると思うんだよね。Aさんに効いたからといって僕にもいいとは限らないし。だから自分の身体に聞いてみるしかないなと思ってる。なんだか自分の身体を使って実験してるみたいな感じになっちゃうけど、やっぱり自分で調べて、試して、よかったら継続していくってことの繰り返しだろうなーと思っている。主治医の先生のことは信頼してるけど、それとはまた別の話だからね。