入院2日目

今日も手短に。

4人部屋から2人部屋で移動させてもらった。2人部屋は無料なので第一希望にしてたんだけど、入院当日は空いてなかったので4人部屋に入ってた。今日空いたってことで入れてもらった。他にも希望者がいるなか僕が入れてもらえたのは、僕が長期入院だから優先的にってことだって。
形成外科の先生がきて、唐突に手術の説明を受ける。再建術式舌切除後遊離大腿皮弁移植だそう。エコーで確認をしたところ、右太腿の血管がいいとのことで、当日は右太腿から筋皮弁を取ることになった。術後は太腿にもドレーンがつくとのこと。
麻酔科にてカウンセリングを受ける。カウンセリングって言うから何かと思ったら、単に質問をされただけだった。
リハビリ科で色々やらされる。今日の結果を正として、術後のリハビリの目標とでもするのかな。
麻酔科から色々聞かれ、耳鼻科でエコーを取る。そのまま耳鼻科に手術の説明を受ける。仕事を早上がりした妻も同席。舌亜全摘、右頸部郭清、遊離組織移植、気管の開術。平たく言うと、舌の半分を切って、首の右側のリンパの癌を取って、太腿から肉を持ってきて舌に移植して、喉に穴を開けてパイプを入れると言うこと。昨日までの説明から変わったのは、首の右側のリンパの癌を取るということ。先日のPETだかMRIで見つけたらしい。癌というほどのものではないとのことだけど、今回は全部やってやるという気持ちで臨む手術につき、そこも切るとのこと。もっというと、舌の真ん中の癌も実は癌では無いとの診断結果が出たらしいんだけど、そこも一緒に舌の半分を切除する。とにかくもう盛り盛りで切りまくる。で、歯も3本抜く。

手術は12(月)の朝8時スタート。耳鼻科と形成外科のチームで8〜10時間の手術になる。手術が終わったらそのままICUに直行なのでどこにも連絡はできない。悪しからず。

入院初日

入院中は写真無しで、手短に。

部屋は4人部屋。部屋に着くなりPCR検査に向かうよう言われる。その後すぐに先生が来て、手術の説明を明日の午後に行う旨を伝えられる。嚥下造影検査・嚥下障害圧検査を行う。その検査において「オムニパーク300」という造影剤を使うことの承諾書にサインをする。リハビリ担当と形成外科からの質問とチェック。看護師さんより術後はすぐにICUに入ることを伝えられる。ICUには2〜3日入る予定とのこと。ICUに入る前に、必要なものをいくつか購入してくるように言われる。ICUに入っている間は全ての荷物を有料のロッカーに入れるよう言われる。ロッカーは100円玉しか受け付けないとのこと。予定では2,000円近くの100円玉が必要になる。病院では両替してくれないとのこと。手術は12日を予定。詳しくは明日午後の説明時に。部屋の中では2人のオッサンが電話でベラベラ話している。病室での電話は禁止。

テレワークとジョギング

テレワークをする人が増えた影響か、それとも自宅で映画やオンラインゲームを楽しむ子供が増えたからなのか実際のところは知らんけど、自宅で仕事をしていると、ネットがやけに遅くなることがある。僕が住むマンションはもともとネットが遅いのよ。Googleの…なんだっけ、なんとかスティック。それをテレビに差して映画やらプロレスやらを見ていると、ネットが遅すぎて途中で止まる。それがデフォルト。で、最近はそれに輪をかけるようにネットが遅くてな。映画やプロレスは私的なことだからいいんだけど、仕事はさ、仕事だからさ、ネットに遅延があるとちょっとね。ってことで、最近は仕事中はWiMAX2を使うようにしてる。事務所のネットが何らかの原因で遮断された際にも仕事を続けられるようにと保険の意味で加入しておいたもので、それを今、便利に活用している。この状況だからなのか何なのか、自宅の光回線よりも断然に速いのよ。過去に3度入院したときにも病院に持ってって使ってた。これのおかげでベッドの上でも仕事できたわ。「入院してるときくらい休めよ。」と思われるかもしれないけど、サラリーマンじゃ無いから病気で休んでられんのだよ。まぁ何はともあれ、保険として契約しつづけていたWiMAX2に救われている。

でさ、最近さ、スーパーに買い物に行く途中に街中をジョギングする人と出くわす機会が増えていて「ちょっとなぁ」と思っている。そのハァハァで何かを拡散してるんじゃなかろうかと思えてしまってな。近くの公園にジョギングコースがあるんだからそこで走ってほしいわ。と思ってたら、公園のジョギングコースで走ってる人たちにすら不満をかかえている人もいるみたいで、なんかこう、こういう時期は何しても怒られるんだなと思えた。ジョギングコースでジョギングするのは正しいことだと思うんだけども。まぁ、ジョギングに限らず家にいろってことなんだろうな。都や政府の言うように。