僕は大丈夫

さて、今日は午後から日帰り手術。舌の粘液嚢胞を切ってくる。粘液嚢胞を切るのは今日で3回目で、今日の手術で予定していたものは全て終了となる。ただ粘液嚢胞ってのは再発…というと大げさに聞こえるかもしれないから言い変えると、また膨らんじゃうこともあるものなので、これでまた膨らむことがあればそれはまたその時に対応を考えることになる。切るのか放置なのか。まぁ何はともあれ、今日の手術と抜糸までの1週間痛みに耐えればもうおしまい。いいこと。進んでる。

まだ12月も頭だけど意識が今年の振り返りを始めているのでいま頭の中にあることをそのまま書くとだな、僕は恵まれてるなぁと思える。いろんなことに感謝だなと。人間にも事象にも、いろんなことに感謝だよ。確かに今年は舌癌が首のリンパに転移をしてステージが3になり手術もしたけれど、なんか、いい1年だったと思える。粘液嚢胞の手術も重ねているけれど、なんつーか、そんなの些細なことなのよ。大きいのは子供が生まれたこと。男でも女でもどちらでもよくて、とにかく母子ともに元気に生まれてくれればそれで恩の字だと思っていたけれど、現状、母子ともに毎日元気に過ごしてくれている。それだけで感謝だよ。妻と子供と毎日一緒に過ごしているけれど、いまだ僕に子供ができたことが信じられない。それくらい、なんか凄いことなんだろうね、僕のなかでは。2人が3人になるんだからすげぇよな、人間って。分裂だよ分裂。増えたよ。
なんて言うのかな、今年だけではなくてさ、これまでの47年間を振り返ってみても僕はとても恵まれているなと思える。ってこんなこと書くともう死ぬみたいだけど、そういうことじゃ無いから。元気だから。前にも何度か書いてるけど、20代の後半くらいから「僕は大丈夫」と思えるようになったんだよね。いわれの無い自信みたいなものなんだけど、厳密に言えば自信では無くて、なんかこう、自分のなかで言うところの感覚的なものに従ってというか、それを見落とさないように生きていれば大丈夫だと思えるようになったの。で、実際に大丈夫だから。こんなに物事を考えずに生きていて大丈夫なのか?とも思えるんだけど、大丈夫なのよこれがまた。だからどちらかといえば自分では無くて自分のなかにその感覚を降ろしてくれているものがすごいんだなというか、その存在への感謝の念というか、そんなものを常に心の中に置いたまま生活しているから大丈夫なんだと心の底から思っている。僕という人間はひとりだけど、たぶん僕ひとりで生きてるんじゃ無いんだと思うんだよね。僕という存在は何人かのチームなんだと思える。主役は僕で、それ以外の「僕」が他にも何人かいるの。それがひとくくりになって僕を形成していると。具体的な提示はできないけど、なんかこう、そんな感覚なのよ。「安西祐輔、オールキャストでお送りします。」みたいな。僕はひとりなんだけどひとりじゃ無いんだなと。だからその全てに感謝しないとなと。

なんか最後に頭のおかしなことを書いたけど、こうやって心の声に従ってこれからも生きていくんだと思う。それでもう20年以上うまく行ってるからさ。そんな心の声は「もう今日の日記はこれでおしまいでいいぞ」と言っているのでこれでおしまいにするね。アディオス、みなさまよい週末を。皆さまに幸ありますことを。

痛い

ここ数日舌が痛い。食べると痛い。舌癌の再発とかそういうことでは無く、粘液嚢胞が大きくなっていて痛いの。次の日帰り手術が12/6(金)の予定だからそれまではこんな感じなのかな。と言うか、手術したら違う痛みが出るんだから、どちらにしてもしばらくは痛いってことだな。
2016年の最初の舌癌の手術から数えて計4回舌を切ってるのよ。だから次で5回目。5回舌を切ってるって、はたして全国規模で考えると第何位なんだろうか。けっこう切ってる方なのか、それともたいしたこと無いのか。たぶんたいしたこと無いんだろうな。どんな世界にでも上には上がいるからな。
で、僕が舌癌の手術を繰り返していることを知っている人のなかで、たまに「大変だったでしょう。」と言ってくる人がいる。そこまではとくに問題無いんだけど、それに対して「いや、たいしたこと無いですよ。みんなが思っているほど舌って切ってもそこまで痛くは無いし。」と言っても「いや、大変だったと思う。」と言って引かない人がいるんだよね。まぁ心配してくれての発言だと思うから有難くはあるんだけど、めんどくさくもある。大丈夫だって言ってんのに。元気なのに元気じゃない方向に引き戻されそうな気分になる。
あのね、強いて言えば舌は大丈夫だけど首は痛い。リンパと脂肪と神経少しを切り取った首は痛いよ。たぶん寒くなってきたからだと思うんだけど、たまにズキッと来る。傷口もつっぱって痛い。だから首はぜひ心配してちょうだい。痛いから。でも舌はホントに大丈夫だから。舌も痛いけど規模が違うから。なのでご心配いただける方はぜひ僕の首の心配をしてください。あとあれだ、腰痛の心配もしてください。布団から起きあがるときが特に痛くてね。腰>首>舌だわ。

抜糸と初体験

今日は朝から病院へ行って、先週の金曜日に縫ったところの抜糸をしてきた。月曜日の日記にも書いたような気がするけれど、この1週間、縫ったところは全く痛くなかった。今日の抜糸も痛くなかった。で、抜糸をしてみたらまだ舌にへこんでいるところがあるとのことで、またそこに薬をしみこませたガーゼを詰めることになった。ガーゼを詰めるだけで縫うわけでは無いので、すぐに取れてしまうでしょうと。取れたら取れたでいいですとのことだった。ふーん。
で、忘れていたけれど、先週の金曜日に嚢胞を生検に出してもらってたんだった。その結果が今日出ていて、結果は前回と同様に粘液嚢胞ですと。悪いものではありませんでしたよとのことだった。平たく言えば癌じゃ無いってことね。
次回は2週間後。耳鼻科の定期検診と同じ日に入れてもらった。歯科と耳鼻科のはしごだね。で、その日にまだ少しだけ残っている嚢胞を手術するのかどうするかを決めるんだと思う。

さて、明日は我が子を連れてお外でご飯を食べる予定。生まれて初めて大人たちが集まって青空のもとご飯を食べているところをベビーカーに乗ったまま見つめることになると思うんだけど、いろいろ大丈夫だろうか?気温は低くはなさそうだけど風がどうかなぁとか、となると服は何を着せればいいかなぁとか、おっぱいはどこでどのタイミングであげればいいだろうかとか、外でおむつを換えることになるから敷物持って行かなきゃなとか、車はどこに停めれば頭いいのかなとか。初ものづくしの一日になりそうだ。